目録という方法

電車やバスなどでパーティー会場に足を運んでいる人は、せっかく素晴らしいものをもらっても持ち運びに苦労することも考えられます。

ブランド牛肉
画像引用 ‘二次会景品専門サイト – MY ROOM

例えば、ブランド牛肉やフルーツ、ビールやワインなどのセット、大きな電化製品などのようなものです。
こういったものは、本来もらえるととても嬉しいのですが、正直もっと軽いものが良いなと思うものです。
そういう時は、目録を用意することもできます。
会場では、目録を用意しておき、後日受け取った人が取扱い業者などに連絡して自宅に送ってもらうという方法です。
目録なら持ち帰りも楽ちんですし、喜んでもらえるのではないでしょうか?生鮮食品も安心して受け取ることができるでしょう。

また、持ち運びの際の苦労を避けたいなら、商品券という方法もあります。事実、二次会景品としてもらえる場合、ビール券や商品券などをもらうのが一番嬉しいといった声もよく聞きます。予算が高額なら、旅行券を用意するのも良いでしょう。全て商品券にしたら味気ないかもしれませんが、数ある景品の中にいくつかこういったものを混ぜておくのは良い方法です。

景品選びは、一人で考えるよりも、専門サイトなどを参考にするとアイディアが浮かんでくるので楽しく探すことが出来ます。参考にして、自分で足を運んで購入するのも良いですし、そのまま景品専門サイトで購入しても良いでしょう。最近の景品商品の専門サイトでは目録を用意してくれるところもありますので、活用してみると便利かもしれません。また、具体的にではなくても、どんな物が良いか予め少し意見を聞いてから探すことをお勧めします。


盛り上げるコツ

口には出さないかもしれませんが、景品が用意されているとなれば、やはり中身に期待するのが本音でしょう。もちろん、予算がありますから欲を言っても仕方がない場合もあるのかもしれませんが、ここは幹事さんの腕の見せどころです。

ビンゴ会を盛り上げる為には、できるだけ景品に費用をかけるようにするのがポイントです。
そして、全ての景品を同じような価格や内容にするのではなく、バラエティに富んだ価格もまちまちなものを用意するようにします。
どんと高いものをいくつか用意したら、後は2ランクくらいに分けて景品を用意します。
こうすることで、ゲームも会も更に盛り上げることができます。

また、パーティーに参加する人数が少ないような時は、あえて全員に何らかの景品が行き渡るようにするのも良いでしょう。くれぐれも、10人中8人は景品があるが2人には無い……なんてことがないようにしましょう。

二次会景品は、置き場所に困るような大きなものや、一部の人にしか喜ばれないような特殊なもの(例えば、アイドルグッズやキャラクターグッズ、香り系アイテム)は避けた方が無難です。全ての人にぴったりのものを用意するのは難しいですが、ここは参加する顔ぶれを見て、場合によっては避けた方が無難です。