盛り上げるコツ

口には出さないかもしれませんが、景品が用意されているとなれば、やはり中身に期待するのが本音でしょう。もちろん、予算がありますから欲を言っても仕方がない場合もあるのかもしれませんが、ここは幹事さんの腕の見せどころです。

ビンゴ会を盛り上げる為には、できるだけ景品に費用をかけるようにするのがポイントです。
そして、全ての景品を同じような価格や内容にするのではなく、バラエティに富んだ価格もまちまちなものを用意するようにします。
どんと高いものをいくつか用意したら、後は2ランクくらいに分けて景品を用意します。
こうすることで、ゲームも会も更に盛り上げることができます。

また、パーティーに参加する人数が少ないような時は、あえて全員に何らかの景品が行き渡るようにするのも良いでしょう。くれぐれも、10人中8人は景品があるが2人には無い……なんてことがないようにしましょう。

二次会景品は、置き場所に困るような大きなものや、一部の人にしか喜ばれないような特殊なもの(例えば、アイドルグッズやキャラクターグッズ、香り系アイテム)は避けた方が無難です。全ての人にぴったりのものを用意するのは難しいですが、ここは参加する顔ぶれを見て、場合によっては避けた方が無難です。


予算に合わせて

二次会を盛り上げるきっかけになってくれるのが、景品とも言えます。やはり良い物や欲しい物をもらえた時は誰だって嬉しく思うでしょう。しかしながら、予算がありますからその中でそういったものを探すのは工夫も必要になってきます。

ホテル予算が2~3万円以上と高額な場合は、電化製品や温泉宿やホテルの宿泊券、ブランド品なども良いでしょう
電化製品を選ぶ場合は、実用性のある物の方が良いかもしれません。
予算が1万円程度の場合も、電化製品なども良いですし、テーマパークのチケットなどもお勧めです。
また、高級食材なども喜んでもらえます。
但し、あまり重いものだと持ち帰る際に困る場合もありますので、そのあたりのことも考えて選ぶようにしましょう。

予算が5千円程度の場合も、十分購入できる電化製品があります。また、お勧めしたいのが商品券などです。有名デパートの商品券も良いですが、ビール券やお米券、御食事券、アイスクリームなどと引き換えられる券などもお勧め。図書カードも良いものです。

予算が千円程度の場合は、質を追求するよりも笑いが取れるものの方が良いかもしれません。或いは、種類を豊富に用意しておいて、選んでもらうようにしてみても良いでしょう。食品や商品券、文房具、お洒落アイテム、メイク用品など色々用意しておくと良いでしょう。